適応検査

レーシック前後の生活で気を付けること

レーシックを受けることが決まったら、その前にやらなくてはならないこと、そして受けた後に気を付けなくてはならないことがあります。
手術前に、これらを理解しておくことで、手術前後に慌てなくても済むようになりますから、きちんと理解を深めておきましょう。

まず、レーシックを受ける前に、コンタクトレンズを使用しているという方は、使用制限がかかってきます。
これは、コンタクトレンズを使用していることによって、角膜の状態が変わってしまっているために、手術前に正常な状態に戻さなくてはならないからなのです。
正常な状態に戻るまで、ソフトコンタクトレンズの場合は1週間くらい、ハードコンタクトレンズの場合は3週間以上かかることがあります。
クリニックによっては、適応検査で正しい結果を得るために、適応検査前からコンタクトレンズの制限がかかることもありますから、事前にクリニックの注意事項をよくチェックしておき、普段の生活でメガネに移行できるように準備をしておきましょう。

また、女性の場合、手術の前後はメイクが制限されます。
当日、ノーメイクで過ごすことはもちろんですが、手術の前日から手術後1週間くらいの間、アイメイクは禁じられます。
これは、アイメイクによって目の細菌感染を引き起こすことを防ぐ目的があります。
その他の部位に関しては、手術後翌日からでもメイクが可能です。

手術後、視力が安定するまで1週間ほどかかります。
また、1か月くらいまでは夜間の光がぼやけたりすることもあるため、その間の車の運転はなるべく控えるようにしたほうが安心です。
特に当日は、車ではなく公共機関か送迎をお願いして行き来するようにしましょう。
スポーツに関しては、ジョギング程度であれば視力が安定してからであれば行っても大丈夫です。
しかし、目に何らかの刺激がある可能性のある、球技や水泳といったものは、1か月経過してから行うようにしましょう。

このように、レーシックの前後には色々と注意事項があります
レーシック自体は、日帰りの簡単な手術ではありますが、その前後にある生活制限を考えると、レーシックを実施する時期をよく考えてから決めたほうが良いですね。
こちらのレーシックとラセックの違いについての記事も参考にご覧ください。

このページの先頭へ