適応検査

レーシックを受けられない人とは

メガネやコンタクトを使用している人は、それを煩わしいと感じた経験が誰しも一度はあるかと思います。
そんな方々にとって、視力を回復することができるレーシック手術は、とても魅力的なものであると言えます。
しかし、誰もがこのレーシック手術を受けることができるというわけではありません。
では、レーシック手術を受けることができる条件とは一体何なのでしょうか。

まず、年齢制限があります。
多くのクリニックでは、20歳以下の人の手術を受け入れていません。
これは、20歳までは視力の成長がまだ終わっていないために、手術をしてもまた視力が戻ってしまう可能性が高いからです。
視力の成長は、長い人で25歳くらいまで続くとされているため、20代前半で手術を受けた人は、数年後にまた視力が変わってくる可能性もあるので、注意が必要です。

次に、角膜の厚さです。
手術を受ける前には、どこのクリニックでも事前検査を受けることになるのですが、その時点で自分の角膜の厚さを知ることができます。
レーシック手術は、角膜をレーザーで削る必要があります。
そのため、削ることができるだけの厚みが無ければいけません。
角膜が削ることができる分だけの厚みが無いという方は、手術を受けることができません。
逆に言えば、角膜の厚みさえあれば何度でも再手術を受けることが可能となります。

健康状態も手術を受ける条件に関わってきます。
白内障や緑内障を患っている場合、ドライアイ体質である場合、手術を受けることで悪化する可能性があるために、手術は難しいとされています。
また、妊娠中や授乳中の場合、麻酔薬を使用することができないために、手術ができません。
持病があり、投薬を受けている場合も、その薬の種類によっては角膜に影響が出るものもあるため、事前にクリニックに申し出る必要があります。

レーシック手術は、これらの条件をクリアすることができて、はじめて受けることができます。
しかし、目の手術ということで不安に思われる方も多いため、極端に精神不安が強いという方は避けた方が良いかもしれません。
いずれにせよ、事前の検査で医師としっかりとカウンセリングを行い、自分自身が納得することができてから手術を受けるようにしましょう。
レーシックの安全性と危険性についての記事も参考に合わせてご覧ください。


このページの先頭へ