適応検査

レーシックの痛みはあるのか

レーシックは非常に安全な手術方法と言われています。
痛みを感じることは無いということをよく聞きますが、100%そうであるとは限りません。
もちろん全く痛みを感じなかったという方もいますが、多少なり痛みを感じたという方も存在します。
ただ、どうしても我慢できないような痛みがあるということはほとんど無いようです。
そんなレーシックと痛みのことについて、ここではご紹介したいと思います。

まず、気になる手術中の痛みについてです。
痛みに関する恐怖で、この手術中の痛みのことが、多くの方が気になるポイントなのではないでしょうか。
普段ほとんど触れることのないような眼球を手術するなんて、考えただけでも恐怖を感じるという方も少なくないでしょう。
しかし、レーシックを受ける過程で、最も痛みを感じないのがこの手術中なのです。
むしろ、手術後に麻酔が切れてからのほうが、痛みを感じたという方が多いほどです。
手術中は、点眼タイプの麻酔を使用します。
部分麻酔なので、意識もありますし、眼球以外の部位はまったくそのままです。
眼球を機械が圧迫する感じや、顔や目の周囲を固定されているという不安感、緊張感、恐怖心といったものが大きくなり、それで極度に身体が過敏になり、痛みとして身体が認識してしまうことはあります。
そのため、手術中は手術以外のことを考えてリラックスすることができるようにすると良いでしょう。
あまりに恐怖心が強いという場合は、事前に担当医師に相談しておくと安心ですね。

手術が終了すると、およそ1時間ほどで麻酔が切れてきます。
それと同時に、目に普段とは違った異物感やしみるような痛みを感じるようになってきます。
クリニックで、手術後には痛み止めや抗菌用の目薬を処方されるので、そちらを正しく使用していれば徐々におさまっていきます。
しかし、目を開けることができないほどしみる感じがするという方もいますから、手術後帰宅するまで時間がかかるという方は送迎をお願いできるような状況にしておいたほうが安心ですね。
この手術後の痛みは、多くの人が翌日には解消しています。
遅くとも、3日以内には収まってきます。
ただし、どんどん痛みが強くなっていくと感じたら、早めに医師に相談しましょう。

このように、レーシックの痛みというのは人それぞれであるという面が強いですが、我慢できないような強い痛みを感じるという方はほとんどいません。
そのため、安心して手術に臨んでいただいて大丈夫です。
不安があるという方は、事前に医師に打ち明けて、納得がいくまで説明、相談をしてもらうと良いでしょう。
よく耳にするレーシック難民についての記事も参考にご覧ください。


このページの先頭へ