適応検査

レーシックにかかる費用

レーシックは保険が適用されない自由診療です。
そのため、クリニックによってレーシックの費用に差があり、クリニック間でも顧客獲得のために価格競争が起こっています。
レーシックが始まった当初は、両目で50万円以上かかっていた手術費用が、今は10万円から20万円ほどで受けることも可能になってきました。
紹介キャンペーンなどを利用すると、もっと安くできることもあるようです。

できることならば、費用を安く済ませたいと思う方も多いでしょうが、レーシックを受けるにあたって最も大切なのは、費用よりも安全性です。
費用と安全性が直結するというわけではありませんが、あまりに安すぎるというのも疑いを持った方がいいかもしれません。
というのも、安いということはどこかにシワ寄せがきているというわけで、それがスタッフの教育指導やクリニックの衛生管理、機器の管理などにきているとなると、安全性が疑われるようになります。
おおよそ、両目で20万円前後が平均なので、その金額を目安にクリニック選びをしてみてください。

ところで、10万円単位の高額な費用を支払ってまで、レーシックを受けるメリットはあるのかどうか、気になったことはありませんか。
確かに高額な費用を支払うということから、手術に一歩踏み切ることができないという方も多いと思います。
しかし、長い目で考えると、レーシックほどお得なものは無いのです。
たとえば使い捨てのソフトコンタクトレンズを使用していたとします。
毎月3000円の費用がかかり、これが何十年も続くとなると、あっという間にレーシックにかかる費用を抜かしてしまいます。
メガネにしても、メガネの費用や視力が変わったときのレンズの交換費用、そして何より煩わしさのことを考えると、裸眼で見ることができる素晴らしさは、値段に変えられないでしょう。
こういった理由から、レーシックの体験者は、「もっと早くやればよかった」という方がたくさんいるのです。

このページの先頭へ